FC2ブログ

現在の薬の処方66

あれから、ブログには、

薬の事を書いていなかったのですが、

ジプレキサ少し増薬されて(処方では、7.5mg)
クレミン錠が眼球上転の原因になると、減薬されたのですが、

それが全然うまくいかず( ̄▽ ̄;)

それで、

私なりに処方を整えようと思いまして、

今現在、下記の処方にして、

実際には、眼球上転も一回も起こらず、

しかも、調子も良くなりましたので、

次回の診察の時に、先生には、この処方を提案するつもりです。

そんなに、大幅には変えていないのですが、

でも、やっぱり、細かく整えた方が、うちの家族の場合、調子が全然違うというのは、間違いない事実です。


朝食前:安中散・抑肝散
朝食後:クレミン錠25mg1錠
     アーテン
     レキソタン2
     リボトリール
     ビタミンB

昼食前:安中散・抑肝散
昼食後:クレミン錠25mg半錠
     アーテン
     レキソタン2
     リボトリール
     デパス0.5mg1錠(眼球上転止め)
     ビタミンB

夕:(大体、15時半~16時半の間に飲む)
  疎経活血湯・当帰芍薬散
     クレミン錠1錠
     アーテン
     リボトリール
     レキソタン2
     ビタミンB

寝る前:ジプレキサ6.25mg(5mg+2.5mgの半錠)
     タスモリン
     クレミン錠1錠
     ビタミンB


以上です。


デパス、頓服で余っていたものをお昼に持ってきて、

眼球上転止めにしました。

クレミン錠減らすリスクは、すごくありまして、

ジプレキサで元々はイライラする性質があるものでしたので、

これをクレミン錠で止める作用があります。

それを先生は気づいているのか、気づいていないのか。。。。


ま、気づいていませんが。


それで、それよりも、眼球上転起こさせないようにする手段を考えました。



お昼のデパス0.5mgで、それが止まるのであれば、

そして、夕方、過ごしやすくなるのであれば、

この方が、いいのではないか?と思ったりしています。



薬は本当に、心から、難しいなあと、いつも思っています。



今は、これで、一回も、眼球上転起こっていないです。
     
スポンサーサイト

現在の薬の処方3

双極性障害の家族の方の処方、

5月以降、大幅に変わりました。


朝食後:ジプレキサ1.25mg
     ラミクタール錠2錠     
栄養食品
     ビタミンB
     ビタミンE
     DHCの栄養剤
     血圧の薬

寝る前:ジプレキサ2.5mg
     ラミクタール2錠
栄養食品
     ビタミンB
     ビタミンE
     DHCの栄養剤
     

以上です。


シンプルになりましたが、この方が調子は安定しています。



色々と、いらないお薬が増やされるところだった( ̄▽ ̄;)

危なかったー(;^_^A     

現在の薬の処方65

減薬は滞りなくうまくいっています。

家族の様子を診ながらの減薬は、大事ですね、


そして、

この度、朝の薬を飲んだ後に、ふるえがあるんだけど、という言葉をうけて、

朝の薬も少しずつ外そうかな?と、思いまして。
下記のような処方にしようと思います。


朝食前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯
朝食後:クレミン錠 半錠
     リボトリール
     アーテン
     レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

昼食前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯

昼食後:リボトリール
     アーテン
     レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

夕方:当帰芍薬散
    クレミン錠1錠
    リボトリール
    アーテン
    レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

寝る前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯
     ジプレキサ5.125mg(ジプレキサ5mg+ジプレキサ2.5mgの4分の1)ピルカッターで切る
     クレミン錠1錠と半分(お昼から移動してきている。)
     タスモリン
     アローゼン頸粒(便秘解消の薬)→昨日から、なし、に、なりました。(下痢になってきている( ̄▽ ̄;))
栄養補助食品 ビタミンB


頓服:ロヒプノール2(ほとんど使わなくなっています。よく寝ています)
    デパス(こちらもほとんど使わず)
    リボトリール(眼球上転が起こった時だけ使う)
    アーテン(眼球上転が起こった時だけ使う)



少しずつ、減薬はすすんでいます。

たぶん、維持量は、クリアされそうな気がしていますが。

それにしても、少なくなった、、、ですね。

すごい事です。


CP換算値、432くらい。

現在の薬の処方64

最近では、処方される薬は、同じでも、

細かい微調整しながら、調子を保っていたりしています。

主治医の先生からも、「調整してくださいねー」のお言葉が。。。(;^ω^)

完全に、私の事を信用してくれている様子。

私としては、いちいち、処方を変える時に連絡しなくてすむので、

とてもありがたい事です。

でも、これも、長年の観察からくるもので、

決して、勘でやっているわけではないですね。

わかっていて、やっている、という状態になってきています。


さて、

まずは、統合失調症の家族の方の処方ですね。


朝食前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯
朝食後:クレミン錠1錠
     リボトリール
     アーテン
     レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

昼食前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯

昼食後:リボトリール
     アーテン
     レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

夕方:当帰芍薬散
    クレミン錠1錠
    リボトリール
    アーテン
    レキソタン
栄養補助食品 ビタミンB

寝る前:抑肝散 安中散or桂枝加芍薬湯
     ジプレキサ5.125mg(ジプレキサ5mg+ジプレキサ2.5mgの4分の1)ピルカッターで切る
     クレミン錠1錠と半分(お昼から移動してきている。)
     タスモリン
     アローゼン頸粒(便秘解消の薬)
栄養補助食品 ビタミンB


頓服:ロヒプノール2(ほとんど使わなくなっています。よく寝ています)
    デパス(こちらもほとんど使わず)
    リボトリール(眼球上転が起こった時だけ使う)
    アーテン(眼球上転が起こった時だけ使う)

頓服は余るくらいになっていますので、溜まる一方です。
睡眠導入剤も、このままだと、
1年分くらい溜まってしまいます。('◇')ゞ
なんとかしなければ( ̄▽ ̄;)

漢方外来へ行ってきて、安中散になってから、ちょうど1週間くらい。

どうやら、吐き気が治まってきた様子。
(なんとなくですが、わかります)
もう少し、完璧に治まればいいなと思っています。     
     
副作用が出なくなるという状態になったら、

おそらく、色々と可能性が出来てくる生活を目指せるかも?しれません。   
    

現在の薬の処方63

漢方外来へ行ってきました。

最近、お昼の薬服用後、

口がぽかんと空いちゃうという事があり、

もう、これは、いらないのではないか?と

本人が主張していましたので、

試しに、

お昼からクレミン錠とレキソタンを外すという決断をしてみました。

うちは、レキソタンとかも、眼球上転止めのつもりで入れていたので、

これは、外せた方が、いいなと思いましたので。


朝食前:抑肝散・桂枝加芍薬湯or安中散
朝食後:クレミン錠1錠
     レキソタン
     アーテン
     リボトリール
     ビタミンB

昼食前:抑肝散・桂枝加芍薬湯or安中散
昼食後:アーテン
     リボトリール
     ビタミンB

夕方:当帰芍薬散
    クレミン錠1.5錠
    アーテン
    リボトリール
    レキソタン
    ビタミンB

寝る前:ジプレキサ5.125mg
     クレミン錠1錠
     タスモリン
     ビタミンB


今回は、お昼の減薬です。

これで、果たしてどのような感じになるかな?


安中散がかなり効き目ありそうですね。

精神を落ち着かせる作用があるそうなので、

期待したいところです。