調子は今までの中で一番です

調子は、今までの中で、最高潮です。


このような状態が長く続くというのが理想ですね。




一応、色々と変化してきた服薬調整でしたが、

ここで、おそらく、大きな変化とか変薬はないものと思われます。




これで、一応まとまったかな?



こちらの記事は、薬についてのまとめという事でした。




副作用止めという存在について、否定的なご意見もあるとは思いますが、

やはり、強く出てしまう副作用を止めるという考え方は、

悪くはないのだと思われます。

過ごしやすさを追求するという事なのでしょう。




病状事態を抑えられても、副作用によって過ごしにくい状態だと、

苦しいです。


その時は、やはり、きちんと副作用止めは使わなければならないのですね。



体質とか体調とかで、副作用の出方も変わってくるかもしれませんので、

そこは、慎重に見極めるという事で大丈夫なのでしょう。


なので、うちの場合、リボトリールは、頓服として使っていまして、

常用していません。



このような使い方で大丈夫なのではないかと思われます。



P.S

と、思っている気持ちが大だったのですが、

そうもいかず。。。

何が何でも、眼球上転抑えなくちゃなりません。

だって、眼球上転があるという事は、

服薬拒否に陥るという事なのですから。。。


というわけで、

ジプレキサ使う以上、リボトリールは、必要なお薬という結論に至りました。

2016年8月5日の見解。。。







スポンサーサイト