現在の薬の処方23

夕食後のリボトリールを入れだしてから1週間強、あ、二週間くらいかな??

現在の薬の処方です。

朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     アーテン
     リボトリール 
     レキソタン

昼食前:抑肝散
昼食後:デパス
     (これは、昨日から、入れなくて良さそうですので、外す予定)

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     アーテン
     リボトリール

寝る前:ジプレキサ6.25㎎
     ロヒプノール
     センノサイト(下剤)
     レキソタン
     タスモリン




以上です。


お昼のアーテンがいらないという事が判明しました。

デパスは、、、、精神状態が良くなったから、いらないかな??



もともと、頓服なので。。。。



アーテン抜いた方が精神状態は良くなったような。。。気が。。。する?


抗精神薬はこれ以上はなるべく増やしたくないから、

副作用止めいらないものはなるべくなら、減らしたい・・・


あと、減らせるのは、朝のアーテン夕のアーテン。


タスモリンは、ジプレキサによるムズムズ感を抑える作用で使っていますので、

眼球上転は、アーテンとリボトリールだったので、

抗精神薬を増やさないためにも、アーテンを外す選択肢は、もしかしたら、必要なのかも?ですね。

スポンサーサイト

現在の薬の処方22

診察日、

副作用の眼球上転を止めるための方法を私が考えたので、

主治医の先生との相談で、

夕食後のリボトリールの副作用止めを追加してもらう事になりました。


朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     タスモリン
     レキソタン
     リボトリール

昼食前:抑肝散
昼食後:アーテン

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     タスモリン
     リボトリール
寝る前:ジプレキサ6.25㎎
     ロヒプノール
     下剤
     タスモリン
     レキソタン


以上です。


夕食後の薬を夜持ってきたらどうでしょう?

寝るだけだから、眼球上転しないのでは?という案とか

読者の方の考えとか、あるとは思うのですが、

実は実は、

うちの家族、

ジプレキサ10㎎を超えると、

寝る前とか関係なしに、

いっぺんに、眼球上転が始まるんですよ。。。

それが起こったあと、。。。びっくりするのですが、

・・・・寝られなくなります。

一晩中でも起きていますから、びっくりです。



なので、今、夕食後と寝る前のジプレキサ、11.25㎎なので、

上記の案は、却下となります。



朝、リボトリールを持ってきたのは、

お昼飲み忘れても良いように、です。

(少しまえ、飲み忘れて、眼球上転に見舞われたので)




難しい、難しいよ。。。










 

ジプレキサの減薬

しばらくは、17.5㎎で頑張ろうと思っていたのですが、

無理、でした。

夜、眼球上転が起こってしまったんです。。。


やはり、リボトリールで抑えられる眼球上転って

限界がありますね。

あと、やはり、お昼に飲まなくちゃならないです。17.5㎎の場合は。

血中濃度が下がっていきますからね、リボトリールの。

16,25㎎なら、

お昼でも大丈夫そうだけれども。。。。

ま、そこは、イレギュラーな事態の時だけにしようと思います。



このたび、処方、

ジプレキサ一日量、16.25㎎に戻す事に決断いたしました。



朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     レキソタン
     タスモリン

昼食前:抑肝散
昼食後:アーテン
     リボトリール

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     アーテン

寝る前:ジプレキサ6.25㎎
     タスモリン
     レキソタン  
     ロヒプノール
     下剤


以上、ですね。


単剤という意味では、シンプルな処方ですが、

なんせ、色々と、副作用止めが入っていますので、

ここが、難しい所ですね。


副作用、ムズムズ感なども含め、

多数出ていますので、

あと、そう、

17.5㎎だと、

乳汁が出るらしくて、かゆいらしく、

大変だなあと、本当に、思いますね。



あー、大変だけど、

頑張ります☆

リボトリールの持続作用~メモ

リボトリールの血中濃度、聞いてきました。


えーと、一番高いのは、

飲んでから2時間後。

半減期、27時間後。

なくなる時、42時間後。



以上です。


というわけで、

出かける時とか、お昼、どうしても、不定期な時間に食べたりするので、

とてもリスクありますので、

その時は、

お昼ではなく、

朝、リボトリールを飲んでも支障がなさそうだという事が、

上記の事でわかった次第です。


ジプレキサの増薬

この、夏は、暑すぎる!!


というわけで、我が家は、やはり、ジプレキサは、増やした方が落ち着くかな?と、

あとリボトリールがあれば、眼球上転の副作用は、抑えられるという安心感が戻りましたので、

ジプレキサ、16.25㎎、と、戻す決断をしております。



秋に、また、チャレンジして、15㎎にするかもしれませんが、

今の所は、この、16,25㎎というのは、悪くなさそうな、

そのような状態となっています。


あ、そうそう、1日量、最大で、20㎎なので、そこも、もちろん、わかりつつ。です。



そうそう、よっぽどの時は、1・25㎎、頓服で使用するのもいいでしょう。

単独は副作用の関係上、うちの家族にとっては、こわーーいので、

おそらく、お昼の薬と一緒の服用が、一番、リスクが回避されますね。




で、今の所の、現在の処方です。


朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     タスモリン
     レキソタン

昼食前:抑肝散
昼食後:リボトリール
     アーテン

 この昼の時、
夏なので、血中濃度が、どうも、低くなるらしい、、ので、(これは、長年、観察して、そのように思っています。)
調子が悪いと思った場合は、ジプレキサ1.25㎎

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     タスモリン

就寝前:ジプレキサ6.25㎎
     レキソタン
     ロヒプノール
     タスモリン
     下剤




以上が、今回、暑い夏を乗り切るための処方となります。



長年、夏は、血中濃度、おかしくなるなあって、

本当に、思いますが、、、、

気のせい?
いえ、

気のせいではない。。。。と。



プロフィール

アボちゃんママ

Author:アボちゃんママ
アボカドサラダマイタケです。
アメーバブログで家族達の闘病生活を綴っています。
こちらのFC2のブログでは、
少し具体的にまとめて書いてみたいと思っていますので、
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR