現在の薬の処方28

今日から、処方を変える事にしました。

朝食後のアーテン抜きました。

寝る前のジプレキサ薬を0.625㎎位の減薬調整して調子をみます。

スポンサーサイト

減薬4

クレミン錠で調整しておりましたが、

やはり、かなり、眠気が出てきているので、

これは、お薬による、陰性症状手前という感じとなっていますので、

過去の経験上、減薬の必要性に迫られてまいりました。


クレミン錠を半錠にして、お薬調整を開始します。

朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     レキソタン
     アーテン
     タスモリン
     リボトリール

昼食前:抑肝散

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     リボトリール

寝る前:ジプレキサ6.25㎎
     クレミン錠12.5㎎
     ロヒプノール
     アーテン
     下剤

以上です。



それにしても、ブログのカテゴリー内で、色々とお薬についての意見が起こっている様子ですが、

人それぞれなのだと私は思っていまして、

一概には言えない所もあるのだと思いますが、

どちらにしても、病状状態によっての、

お薬調整というものはいるのだと思いますし、

自分の家族に一番適合したやり方とかもあるのだと推察しています。


あの人はあのやり方だけど

それが、自分で成功するとは限らない、というのが、

この、お薬の摩訶不思議な所なのだと思っています。


やり方は、必ず、見つかるはずなので、

諦めずにやるしかなさそうですね。



うちは、まだまだ、諦めずに、調整続けていくつもりです。

現在の薬の処方27

ジプレキサの減薬をしようと考えていたのですが、

ちょっとした事がありましたので、

やはり、メンタルやられそうな時の減薬はまずいと思いましたので、

ジプレキサ1.25㎎はそのままで、保留する事にいたしました。



アーテンは、抜いても、やはり、全然支障がなかったので、抜きました。(夕食後)



朝食後も抜いても大丈夫な感じなんですが、

ここは、もう少し様子みてからにします。


なんせ、抜き始めてから、しばらくして、この間は躁状態に陥ってきたという事だったので、

本当に、要注意ですね。



まったく、お薬の調整って、至難の業です。

何をもって、どうすれはいいのか?なんて、

おそらく、永遠にわからないのでしょうか???


・・・いえいえ、そんな事はない。


だいぶ、答えが見えてきているのですからね。



ここまで快復してこれたのは、本当に、奇跡に近い出来事だと思っています。



ブログをやっていなかったら、ここまでの快復は絶対になかったでしょう。




このブログの読者の方たちに、そして、ご訪問してくださった方たちが教えてくれて、

それで、解決されてきたという事態に。。。



すごすぎます。。。


人生、諦めたらだめなのですね。



本当に、これからも、諦めないで、絶対に、もっと良く、するように、努力します。

現在の薬の処方26

ここからは、いよいよ、調整に入ります。

朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     アーテン
     リボトリール
     レキソタン

昼食前:抑肝散

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     リボトリール

寝る前:ジプレキサ薬5㎎
     クレミン錠25㎎1錠
     タスモリン
     レキソタン
     ロヒプノール
     下剤


夕食後のアーテン減薬と、寝る前ジプレキサ1,25㎎減薬する事にしました。

ここからは、もしかしたら、
ジプレキサ減薬の道筋の第一歩になる可能性がありそうです。

現在の薬の処方25

薬剤性の躁状態となりましたので、

この1週間、クレミン錠25㎎、寝る前の処方へ加えておりました。

そして、今現在、落ち着いてきていますので、

頓服を外しにかかっています。


今現在の処方です。


朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ5㎎
     レキソタン
     アーテン
     タスモリン
     リボトリール
 
昼食前:抑肝散
     (デパスはなくしています)
 
夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ5㎎
     アーテン
     タスモリン
     リボトリール

寝る前:ジプレキサ6.25㎎
     クレミン錠25㎎
     タスモリン
     ロヒプノール
     下剤


以上です。


クレミン錠を増やしたわけですが、

うちは、ジプレキサ17。5㎎だと、眼球上転の副作用が起こりやすいという事でして、
(どうしても、量が多いと、確率が上がるんです。。)

そして、リボトリール頓服がなかったという事もありまして、

単独で使える、今のところの唯一の薬が、クレミン錠でしたので、

こちらなら、この量なら、眼球上転がないというのはわかっていましたので、

(リボトリールも夕食後に飲んでいますので、それが効いている時間帯なので。。。)

このようにいたしました。



本当に、落ち着いたなあと思いますが、、

少しの調整で、かなり様子が変わるというのは、

とても新しい発見でした。
プロフィール

アボちゃんママ

Author:アボちゃんママ
アボカドサラダマイタケです。
アメーバブログで家族達の闘病生活を綴っています。
こちらのFC2のブログでは、
少し具体的にまとめて書いてみたいと思っていますので、
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR