現在の薬の処方46

夏に増薬して、CP換算値を増やした分の減薬をする事にしました。


朝食前:抑肝散・安中散or疎経活血湯(1日おきに飲む)
朝食後:ジプレキサ3.75㎎
     アーテン
     リボトリール    
     レキソタン
     クレミン錠25㎎半錠

昼食前:抑肝散・安中散or疎経活血湯
昼食後:アーテン
     リボトリール
     クレミン錠25㎎1錠

夕食前:抑肝散・安中散or疎経活血湯
夕食後(夕食の時間が遅い場合、夕食前に飲む事にある)
     ジプレキサ2.5㎎
     アーテン 
     リボトリール   
     レキソタン

寝る前:ジプレキサ5㎎
     クレミン錠25㎎1錠
     タスモリン


頓服:リボトリール (眼球上転時)
    アーテン(眼球上転時)
    ナウゼリン(吐き気)
    デパス(不穏の時、今現在、不穏になるのは眼球上転した時だけです)
    ロヒプノール(寝られない時のみ)
    漢方薬(当帰勺薬散)


以上です。


これで、しばらく、様子をみます。



ジプレキサの副作用の眼球上転、

完全に止める方法は、本当に難しいなあと。

そのように最近では思いますが、

でも、これがなくなった時は、

新たな世界が開けるような気がします。


追伸:

ちょっと、夕食前後と寝る前の処方変わりましたので、
書き出します。
上記の処方は1日だけで、
次の日からは、下記の処方となります。

夕食前:抑肝散・安中散or疎経活血湯
     アーテン
     リボトリール
     レキソタン

寝る前:ジプレキサ7.5㎎
     タスモリン
     クレミン錠1錠


これにより、朝の少し残っていた吐き気がゼロとなりました。

ビックリ☆

とにかく、寝る前7.5㎎寝る前なら支障なさそうですね。



追伸2

アメーバブログもやっています☆

アボカドサラダマイタケのブログ

スポンサーサイト

現在の薬の処方45

寝る前に飲むジプレキサ、減薬する事にしました。

過眠になっているのと、先週㈪あたりから、眼球上転の副作用が出たからです。


それから、

夕食後のお薬を分散する決断もしました。

夕方に起こりやすい、眼球上転なので、

前倒しで、眼球上転を起こさない薬を飲める体制を作りたかったのです。


朝食前:抑肝散・ 安中散or疎経活血湯(こちらは1日おきに交互に飲む)
朝食後:ジプレキサ3.75㎎
     レキソタン   
     アーテン
     リボトリール
     クレミン錠25㎎1錠

昼食前:抑肝散・安中散or疎経活血湯
昼食後:アーテン
     リボトリール

クレミン錠25㎎

夕方前(4時半から5時の間)
    :抑肝散・安中散or疎経活血湯
     アーテン
     リボトリール

夕食後:ジプレキサ3.75㎎

寝る前:ジプレキサ5㎎
     クレミン錠25㎎1錠
     タスモリン


頓服:ナウゼリン・レンドルミン・デパス



以上です。



こちら、一包化してもらうのに、夕方という項目が欲しい所です。