FC2ブログ

現在の薬の処方66

あれから、ブログには、

薬の事を書いていなかったのですが、

ジプレキサ少し増薬されて(処方では、7.5mg)
クレミン錠が眼球上転の原因になると、減薬されたのですが、

それが全然うまくいかず( ̄▽ ̄;)

それで、

私なりに処方を整えようと思いまして、

今現在、下記の処方にして、

実際には、眼球上転も一回も起こらず、

しかも、調子も良くなりましたので、

次回の診察の時に、先生には、この処方を提案するつもりです。

そんなに、大幅には変えていないのですが、

でも、やっぱり、細かく整えた方が、うちの家族の場合、調子が全然違うというのは、間違いない事実です。


朝食前:安中散・抑肝散
朝食後:クレミン錠25mg1錠
     アーテン
     レキソタン2
     リボトリール
     ビタミンB

昼食前:安中散・抑肝散
昼食後:クレミン錠25mg半錠
     アーテン
     レキソタン2
     リボトリール
     デパス0.5mg1錠(眼球上転止め)
     ビタミンB

夕:(大体、15時半~16時半の間に飲む)
  疎経活血湯・当帰芍薬散
     クレミン錠1錠
     アーテン
     リボトリール
     レキソタン2
     ビタミンB

寝る前:ジプレキサ6.25mg(5mg+2.5mgの半錠)
     タスモリン
     クレミン錠1錠
     ビタミンB


以上です。


デパス、頓服で余っていたものをお昼に持ってきて、

眼球上転止めにしました。

クレミン錠減らすリスクは、すごくありまして、

ジプレキサで元々はイライラする性質があるものでしたので、

これをクレミン錠で止める作用があります。

それを先生は気づいているのか、気づいていないのか。。。。


ま、気づいていませんが。


それで、それよりも、眼球上転起こさせないようにする手段を考えました。



お昼のデパス0.5mgで、それが止まるのであれば、

そして、夕方、過ごしやすくなるのであれば、

この方が、いいのではないか?と思ったりしています。



薬は本当に、心から、難しいなあと、いつも思っています。



今は、これで、一回も、眼球上転起こっていないです。
     
スポンサーサイト