現在の薬の処方35

昨日、連絡くれた方がいらっしゃって、

そのアドバイスを元に、

副作用止めの入れ換えを行いました。


朝食前:抑肝散
朝食後:ジプレキサ3.75㎎
     レキソタン
     リボトリール
     クレミン錠半錠
     アーテン

昼食前:抑肝散
昼食後:アーテン
     リボトリール

夕食前:抑肝散
夕食後:ジプレキサ3.75㎎
     レキソタン
     リボトリール
     クレミン錠半錠
     アーテン

寝る前:ジプレキサ5㎎
     タスモリン
     下剤
     クレミン錠半錠


こちらの処方、朝食後夕食後のタスモリン→アーテンと入れ換えました。



やはり、眼球上転が起こりやすいという状況を回避するための方法としては、

タスモリンよりもアーテンなのですねえ。ここが抜け落ちていた部分です。

タスモリン残すかアーテン残すか?を、確か、当初、服薬調整する時に、悩んでいたんですよねえ。

ここは、やはり、アーテンを残した方が良かったのか?



目が疲れる事をしていない時ならタスモリンで十分だったのでしょうけれども、

最近、本当に、普通に生活しているものだから、

目を酷使する事が増えて、

それで、アーテンにしなくちゃならない事態に突入したのだと思います。



生活と直結していますねえ、色々。副作用が出るというのは、

それだけ、ほとんど普通の人と同じような生活に突入してきて、

それで、外へ行く機会も増えてきて、という事なのでしょう。

それだけ、体力的にも、目も、疲れるという事でして。。。



普通の生活を目指すのなら、副作用はなるべく出さないような手立ての服薬調整が必要だという事でして、


そこは、今後も、経過観察見守りたい(見守り隊)と思います。




さて、昨日の経過観察

天気   :晴れ
生活状態:忙しい(二つの用事があり、こなす)
精神状態:とても良好
睡眠   :たっぷり
副作用  :なし





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する