現在の薬の処方58

もう一度、チャレンジ。

ジプレキサ減薬に突入します。

今回は、挫折しないように、頑張ろう。
(私が、症状見ながらやるので、いくら主治医の許可があっても、怖くて、いつも、途中で挫折する。。。。)



朝食:抑肝散・桂枝加芍薬湯(吐き気を抑える薬)or疎経活血湯(痛みを軽減する薬)(1日おきに交代)
    クレミン錠25mg1錠
    レキソタン
    アーテン
    リボトリール
    ビタミンB
     
    ナウゼリン錠


昼食:抑肝散・桂枝加芍薬湯or疎経活血湯(1日おきに交代)
    クレミン錠25mg1錠
    レキソタン
    アーテン
    リボトリール
    ビタミンB

夕食:当帰芍薬散(生理を軽くする薬)or疎経活血湯(1日おきに交代)
    クレミン錠25mg2錠
    レキソタン
    アーテン
    リボトリール
    ビタミンB

寝る前:抑肝散・当帰芍薬散or桂枝加芍薬湯(1日おきに交代)
     ジプレキサ6.25mg
     クレミン錠25mg1錠
     タスモリン
     ナウゼリン錠
     ビタミンB 



以上です。


吐き気が起こるのは、覚悟の上。

そうそう、最近変わった事といえば、

相談しながらの減薬が可能になりましたので、それが、楽です。

今、減薬しているから、もしかしたら、吐き気がするかもしれないから、

ナウゼリン錠で対処するんだよーとか、言えるからです。

減らしてなんで吐き気がするの?とかいう疑問が生じていないので、助かりますが。。。
(そんなこと、いちいち説明しないようにしようと思って)

とりあえず、減薬は、慣れれば、吐き気はしないはず。

過去の教訓は、生きてきています。     
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する